メタリカ情報局管理人thingyの裏日記。 洋楽:B 忍者ブログ
メタリカ情報局のネタ構想から洋楽CDご紹介とか。あとは旅行記とか自由な感じで。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にしても壮絶すぎる。。。

 

どうも。
メタリカ情報局管理人thingyです。


おかげさまをもってメタリカ検定が一応完成したわけですが、
またA君にお礼のお肉を食べさせないといけないようですw

いまお財布キビシーんで、多めに出すってことで勘弁な!

 

さて今日は以前にこの日記で紹介したプロディジーの
新譜発売日でございました。


前で並んでた高校生が別のCD買ったら付いてきたらしい
プロディジーのステッカーを眺めて「?」顔してました。


もうそんな世代間ギャップなんですねぇ。


ケミカルだ、プロディジーだ、アンダーワールドだと洋楽ファンの間で
騒がれてたのが1998年ごろですからね。無理もない。

 

ってここまで書いといてなんですが、今日はプロディジーの話
じゃなくて同時に予約購入したブランディの話です。

 

ジャンルで言うとR&Bになるんですかね?


自分が知ったのはモニカとのデュエット曲「The Boy Is Mine」。

 

 

当時を思い返すと、もともとブランディは優等生キャラ、
モニカはちょっと子悪魔的なキャラで売ってて対比の効いた
デュエット企画だった気がします、たしか。

この女同士の火花バッチバチの曲がなかなかお気に入りで、
その後もチラチラ気にしていたアーティストだったわけですが、
このほど新譜を出してまして。


これです↓

 

 


輸入盤がかなり前に出ていてチェック済みだったんですが、
ロドニー・ジャーキンスのプロデュースってすぐわかる
キャッチーなメロディーとブランディの歌力にやられて国内盤で買おうと。

で、今日購入にいたったわけです。


したら、ライナーノーツ見てびっくりですよ。
「最近みないな」というか、特に気にしてもいなかった期間(苦笑)に
すごいことになってましたブランディさん。。。


・前々作リリースとほぼ同時に妊娠発表。
・妊娠前年に極秘結婚していたと発言。
・出産まもなく婚姻関係はなかったことをすっぱ抜かれる。
・前作リリース3ヶ月後、レーベル契約解消。
・その2年後、交通事故を引き起こし、1名が死亡。


ここまでボロボロになったら、また表舞台なんてなかなか立てるもんじゃありません。

数年のブランクを経てようやくの復活作だったんですね。
そう思って「どんなことがあってもそばにいるわ」と歌う新曲を聴くと
重みや意味合いがまた違って聴こえてきます。

 

 


あ~今日はなんだか長くなっちゃった。
 

PR

軍資金がぁぁぁああああ!!



どうも。
メタリカ情報局管理人thingyです。

メタリカの入荷予定をもう一度確認しに行こう
としたらウホッな一枚にまた出会ってしまいました。

いつのまにかビクターに移籍してた
スウェーデンのバンド、バックヤード・ベイビーズ。


いやぁ、セルフタイトルの新譜カッチョイーですわ。

HMVの試聴コーナーでヘッドホンしながらニヤけてしまいました。

 

 

その姿、完全に変質者です。


とりあえず新譜から1曲目の「Fuck Off And Die」と
私的バックヤード・ベイビーズとの出会いの曲、「Highlights」をどうぞ。

「Fuck Off And Die」


「Highlights」

 

メタリカ新譜発売を待ちきれず、ついつい浮気してしまう自分がいる(苦笑
 

バックヤード・ベイビーズ
バックヤード・ベイビーズ
ブログ内検索
最近のヘビロテ
ちょい前のヘビロテ
もうちょい前のヘビロテ
さらに前のヘビロテ
さらにさらに前のヘビロテ
さらにさらにさらに前のヘビロテ
けっこう前のヘビロテ
最新CM
[03/06 めたりゅか]
[01/02 thingy]
[01/01 cowboyblues]
[01/01 thingy]
[08/31 AssGram]
最新TB
プロフィール
HN:
thingy
性別:
男性
自己紹介:
音楽と旅と酒をこよなく愛します。
最近ひどい飽き性・暴言癖・物忘れ。
青年凹みやすく、すぐやせ難し。
カウンター
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]